自動車保険には、読者の皆様もご存知かと思うのですが等級と呼ばれるランク付けあるのです。正確にはノンフリート等級別料率制度といい、月々の掛金に大きく関わっています。等級は、クルマの保険の被保険者の公平さを担保することを目的とすることでアクシデントを発生させてしまう可能性ないしは自動車の損害保険を使う確度が高ければ大きいほど掛金が高くなります。一方で交通事故を起こす確率がほとんどなくクルマの損害保険を用いられることはないだろうと認められる被保険者に関しては優秀な加入者だと認められ掛け金が安くなります。安全に運転している利用者の人のほうがより有利な決まりとなっており、事故を発生させてしまいやすい人には不利な制度であると考えられます。等級という仕組みは、良い被保険者と事故リスクがより高い運転手の保険料が同じだと不公平に感じてしまう方が多数を占めるので、サービス提供側サイドにとってもリスクを低減させるためにどうしても必須のシステムだと考えられるのです。さて、等級とは具体的にいってどのような枠組みなのか簡潔に明らかにいたします。はじめに、等級の数には1等級より20等級まで定められており被保険者の等級が増加すると次第に保険の料金が割引されるようになっていることに注意しましょう。第二に、1等級?3等級までは安くならず、むしろ割高になり、アクシデントを生じさせ自動車の保険を使用すると等級が三つ低くなってしまい、より負担がかかる車の損害保険を月々納めることにならざるを得ません。第三に、まったくはじめて車の損害保険に加入するときは6等級という位置からのスタートとなり、その級から数が減っていくのか増えるのかは被保険者の心がけ次第です。ですから、月額の掛金を安価に抑えたい方はトラブルを防ぐために日々安全な運転に心がけるのが最も大切といえるでしょう。