特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく、各貸し手に対しての債務の返済を継続することを選択した借金を整理する選択のことをいいます。わかりやすくいうならば裁判所が行う借金整理といえます。この方法も任意整理による処理と同じく、破産手続きとは違い一定のお金のみを処理していくことができますので保証人が関連する借入を別として処理する際や自動車ローンの分以外について整理したい際などにおいてでも申請することも可能になりますし、築き上げてきた財産を手放す必要がありませんのでクルマや有価証券財産を保有していて、放棄してしまいたくない場合にも有用な借金整理の方法になります。しかし、手順を踏んでからの返済に必要となる額と実際としての所得を検討して、ある程度返済の計画を立てられるようならこの手続きを取ることに問題ありませんが、自己破産手続きとは違い借金そのものがクリアになるという意味ではありませんので負債の総量がだいぶある状況の場合現実にはこの方法で手続きを踏むのは難しくなると考えるのが無難でしょう。なお、この方法だと裁判所が間に入ってくるので弁護士事務所などに依頼しなくても立場が弱くなることはないということや、手続きのための諸費用を削減できるという良いところは良いのですが貸方からの取り立てに対し債務者本人が回答することになる点に加え、実際の裁判所に数回出頭する必要がある等の注意点もあります。くわえて、任意整理による解決に対して、調停が終わる段階で和解が成立しないような場合は利息を全部含めた状態で渡していかなければならないことやあとから見れば貸し手に返す総額が任意整理による方法の場合と比べて高くなることが多いというような覚えておきたい点もあります。